So-net無料ブログ作成

「ファイト一発!充電ちゃん」スペシャルDVD第4巻を見ました [アニメ]

「ファイト一発!充電ちゃん」スペシャルDVD第4巻を見ました。

3巻がちょっと期待はずれだったのですが、今回は【超ボーナス・トラック】
ということで、期待大です。

juden2010032801.jpg



内容は期待に違わぬ暴走ぶりでしたので・・・

18歳未満のみなさんは閲覧禁止です


タグ:充電ちゃん
nice!(19)  コメント(8) 

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』最終話を見ました [アニメ]

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』最終話を見ました。

最近忙しくて途中2話くらい見逃していたらしい。
しかし、何とか最終回は見れました。

雰囲気だけのアニメで最後までこれといったカタルシスの
ないまま終わってしまうのかと思いましたが、最後に来て
急展開でした。

雰囲気だけでも好きだったんで、それでも良かったんですけどね。
時代背景とか世界観とか説明不足なところなところはあった
かと思いますが、そこは『想像して楽しんでね』ということだった
と思います。

kaz777にとってはその想像できる余裕が好きな作品でした。
作り手側の独りよがりで終わってしまうことも多いと思いますが
『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』は説明されていない隙間の空き具合というか
ベクトルというかがkaz777の趣味にぴったりでした。

OP曲も良かったですね。
CD買ってしまいましたよ。

ただ、最後にリオ先輩が帰ってきてしまったところが、せっかく
のスペクタクルが台無し感いっぱいでした。



ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray



ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray



光の旋律

光の旋律

  • アーティスト: Kalafina,梶浦由記
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD



光の旋律(初回生産限定盤)(DVD付)

光の旋律(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: Kalafina,梶浦由記
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD



nice!(14)  コメント(0) 

『光と水のダフネ』を見ました [アニメ]

前から気になっていた『光と水のダフネ』を借りてきました。

daphne18.jpg

主人公。どうも眼が怖い。

daphne01.jpg

カムチャッカ支店のリーダー・レナ。
やっぱり眼が怖い。性格も怖い。

daphne02.jpg

他の人達もみんな目が怖い。

daphne03.jpg
daphne04.jpg
daphne05.jpg

しかし、その怖い視線に耐えるべき理由がある。
これだ!

daphne06.jpg
daphne07.jpg

どんなに目つきが怖くても、

daphne08.jpg

お尻丸出し!

daphne09.jpg

眼鏡をなおして、

daphne10.jpg

とりあえず、脱ぐ!

daphne11.jpg

敵に囲まれたら!!

daphne15.jpg

まず、脱ぐ!!

daphne16.jpg

これが一番おとなしい服装なのだから困る。

daphne12.jpg

パンツじゃないから恥ずかしくないもん、
とかいうレベルではない!
貼付けてるだけだろ、それ。
パンツの方がまだ恥ずかしくないよ。

daphne17.jpg

仕事中はこの格好でないといけないという社規でもあるのか。
怪しげな店を怪しげな格好で調査。
周囲の人間がこの二人を怪しまないのが不思議だ。

daphne19.jpg

防御力を捨て、ひたすら攻撃に特化した戦闘服に着目したい。
その攻撃力は一番弱いヒロインのマイアでも駆逐艦レベル。
他のメンバーは巡洋艦クラスか。
静香にいたっては巨乳と眼鏡というオプション兵装があるため
ニミッツ級空母と同等の火力兵力を有すると言ってもいいだろう。
こんなので攻撃されたら、kaz777はひとたまりもなく撃沈してしまう!!

daphne20.jpg
daphne21.jpg

しかし防御力は0なので、敵の攻撃は壁に張り付いてよける!

daphne22.jpg

この格好でイベントの警備などやるから、テキ屋の
おっちゃんもガン見である。

daphne23.jpg

危険きわまりない!

daphnerena02.jpg
daphnerena01.jpg
daphne29.jpg
daphne28.jpg
daphne27.jpg

あまりに危険なので、非実在青少年保護のために
防御力の高い服もキャプってみた。

duphneED.jpg
daphne24.jpg
daphne25.jpg
daphne26.jpg

で、ストーリーの方は・・・?
お色気アクションコメディー、でいいのか?
nice!(16)  コメント(4) 

『天然あるみにゅーむ! 』第2巻を読みました。 ☆☆☆☆星4つ [コミックス]


天然あるみにゅーむ! (2) (まんがタイムKRコミックス)

天然あるみにゅーむ! (2) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: こむそう
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2010/02/27
  • メディア: コミック



最近なかなかブログを更新できないです。
他の人達のブログを訪問することすら出来ないって、
なんか忙しすぎです。

先月末のことですが、待望の『天然あるみにゅーむ! 』
第2巻が発売になりました。
第1巻から1年も待ちましたよ。

相変わらず、無駄にエロい裏表紙。

arumi2010022800.jpg

内容はぜんぜんエッチじゃありません。
健全(?)な田舎のほのぼのとした学校生活を描いた
金髪女子高生拳法家美少女探偵4コマです。
(ウソです)

カバーをめくると折り返しにツンデレがいます。

arumi2010022801.jpg

ダメ女教師もいます。
arumi2010022802.jpg

今回の巻頭カラーはみんなのちっちゃい頃の写真。
あるみと真貴は現在進行形でちっちゃいですけど。
なかでもマリーが食べてるワニフライが食べたくなりましたよ。

arumi2010022803.jpg
arumi2010022804.jpg

2巻ではあるみの姉スズネや真貴の母、美貴が登場するなど
すこしずつ家族構成が明らかに!
さらに、あるみの旧タイプのスク水はおかーさんの去年の
お下がりだとか、美貴は真貴の中学時代のセーラー服を
時々着ているとか、家族の不思議な実態まで明らかに!

2巻の中でkaz777が気に入ったのは、あるみとマリーの
雪おろし勝負の二人の表情とか、マンドリルに涙する
マリーの寝顔とか。
あと、『松太郎さん絶対防衛線仕様』がかっこよかった。
乙女だけど。

はじめて1巻を読んだときほどのインパクトはないけど
絵もお話も好きなので、☆☆☆☆星4つ


天然あるみにゅーむ! (1) (まんがタイムKRコミックス)

天然あるみにゅーむ! (1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: こむそう
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2009/02/26
  • メディア: コミック



nice!(16)  コメント(0) 

『サクラ大戦・帝都花組ライブ2010』に行きました [ゲーム]

『サクラ大戦・帝都花組ライブ2010』に行きました。

昨年の『巴里花組ライブ2009』で発表されてからすっごく
楽しみにしてました。
連日の残業で休日を確保し、行ってきました【大帝国劇場厚生年金会館】へ。

入ってみると、正面に『CRサクラ大戦2』がドン!と据えてあった。
今回のライブはパチンコ屋のPRだから当然か。
群がって携帯で写真撮ってる人たちがいたが、kaz777はパス。
近所のパチンコ屋に入ったら独占できるもんね。
お金かかるけど。

物販はとんでもない行列で、並んでいたら開演に間に合わなくなりそう。
あきらめて席を探す。
1階席の後ろのほう。
これなら2階席の1番前のほうが良かったんじゃないだろうか。
とはいえ、チケットが入手できただけでも感謝しなくては。

客席が全部埋まらないうちに開演のベル。
帝劇3人娘がなんと、客席から入場!
やはり物販に並ばずに席についていて良かった。

そして開幕1曲目はいきなりの激!帝
初っ端からテンション上がる!

全体は2部構成になっていて、第1部は隊員たちと
ダブル隊長たちの曲。
新曲(!!)も披露されました。
kaz777は『夢みていよう』が好き。
そういえば、花組メンバーの中で織姫だけ不参加でした。
ちょっと残念。

途中の休憩時間もグッズ販売はすごい行列。
あきらめて別で売ってたパンフレットだけ入手。
タオルと紙袋は欲しかったなぁ。

第2部は歌謡ショウの劇中歌でした。
個人的にはマリアの【悪徳の花びら】がかっこよかったなぁ。
ダンサーズの踊りと衣装もかっこよかった。
高乃麗さんのライブに行ってしまおうかと考え中。

そしてラスト近くになって巴里花組フルメンバーが登場!
(メル、シー、マダムはいませんでしたが)
『激!帝』と『愛の御旗のもとに』のメドレー『激!帝~最終章~』。
これで燃えなければサクラ・ファンとは言えないですよ。

もったいないことに巴里花組が歌ったのは2曲のみ。
たった2曲のためにこのメンバーを揃えたのかと思うと
ゴージャスなライブですね。
しかも昼公演のみの参加だというから贅沢ですよ。

すこし残念だったのがkaz777の席はロベリアの
立ち位置と対角だったので、ちょっと遠かったこと。
でも生で見れたことだけでも感謝。
このために昼公演にこだわってチケット取ったんだもんね。

もうひとつ残念だったのが『花咲く乙女』を期待して
いたんだけど、この曲はなかったです。
一回でいいから生で聞いてみたいなぁ。

もっと贅沢を言うと、花組ライブは帝都・巴里・紐育の
サイクルで定期公演にしてくれないかなぁ。
でもやっぱり今回で最後かなぁ。


今回ののグッズはパンフレットと、全席にプレゼントされた
パチンコメーカーのシートカバーでした♪

sakura22010030602.jpg

この椅子にはちょっと小さかったみたい。
sakura22010030601.jpg
nice!(13)  コメント(6) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。